たくさんのご来場ありがとうございました‼︎『みんなの学縁祭』

地域づくりチャレンジ塾2019
〜みんなの学縁祭〜

1/18(土) 地域づくりチャレンジ塾6期生のマイプラン最終発表会が無事に開催されました。
なんと!市民活動センターに次々とたくさんの方が聴講に来られ、
会場に入りきれないほど満室御礼状態になりました!本当にありがとうございました!
こんなにたくさんの方々が興味を持って来てくださるなんて、高松市の未来もきっと明るいのかもしれませんね。

★最終発表会
塾生9名のプレゼンテーション発表は以下の順番。

1、田中佐緒さん「ひとり親家庭の親と子供を笑顔に!」
2、白井誠さん「個性をみとめあい ストレスを減らす社会に向けて」
3、久保田健二さん「子育てママの『分からない』辛さを『分かる』喜びへ ご縁を紡ぐ本屋さん『つむぎ書店』
4、岡本和貴「この活動を通して気づいたこと」
5、若林真由子「誰もが主役!誰もが笑顔!」
6、土田雅彦「マサと一緒に子ども・放課後・鬼遊び」
7、松本導彦「みんなでひとつの絵本をつくろう」
8、岡実樹「先生がほっとできる居場所〜まちの職員室〜」
9、竹内栄作「子どものミカタ」

ゲストは2名。
十河コミニュニティ協議会 "崎山美幸"さん。お片付けの学び場 代表 "上原千鶴"さん。
地域の中で大活躍のお二人から、それぞれ塾生の発表に対してコメントをいただきました。
鋭い質問やアドバイス、あたたかいエールは塾生の心にも響いたと思います。

初めは「何かをしたいけれど何をしていいのか分からない」という状態の塾生がほとんどでしたが、
自分に向き合うところから、この半年間悩み、学んだ成果がこの最終発表に、みんなが全て出し切れていました。
この日までに何度も塾生達がそれぞれ集まり、練習もたくさんしてきました。
自分の発表が終わるまで緊張の面持ちでしたが、発表し終わると、本当にスッキリとしたいい顔になっていました。
発表では塾生の思いの強さに、ゲストも涙する場面もありました。
自分のしたいことを思い伝え、それを知ってもらい、応援してもらう。
それだけでも塾生にとっては自信になり、力となったはずです。
それぞれ普通に仕事もあり、主役級で地域活動をしている人達ではありません。
スーパーエースでなくてもいいんです。普通の人がちょっと地域の中で活動をし、地域を担っていく。
今世の中で求められていることは、まさにそういう普通の人達が総動員となり、
地域を真ん中にいろんな課題を解決しながら、自分たちのまちをつくりあげていくことなんだと、
"尾野 寛明"塾長がお話しされておりました。

★ワールド"おむすび"カフェ
塾生を囲んで、地チャレOB.OG.にサポーターとして入ってもらいワールドカフェを開催しました。
おむすびを食べながら、5つのテーマ「スポーツ」「文化」「子育て」「福祉」「教育」について
塾生たちが参加者の皆さんと一緒に話し合いました。
参加された方々からも、それぞれの課題について多様な意見が出ていました。
すぐに解決できることではないけれど、「こんなんあったらいいな」「こうしたらいいんじゃないかな」と意見を出し合っていると、
これぐらいだったらまずはできるんじゃないかと、できる人やしたい人がうまく繋がることができていました。
それぞれのテーマは全くの別々のものですが、行き着くこと、共通することはやはり「地域」なんだと改めて気付かされました。

★表彰式・修了式
まずは皆さんが気になってしょうがない企画賞は2名に決定!"久保田 健二"さんと"土田雅彦"さんが選ばれました!
企画賞としてはお二人に3万円ずつ贈呈されます。今後マイプランの活動費として活かしてくれることでしょう。

最後に尾野塾長から一人一人に修了証書を渡されました。半年間というのは長いようで終わればあっという間。
受講している間は、毎月宿題もあり、仕事との両立など、とても大変だったこともたくさんあり、長くも感じたかもしれません。
ただ、これがゴールではありません。この経験を活かし、今からがスタートでもあるんです。
塾生にとっては、ここでできた仲間が何よりの財産で、ここで得られた経験や繋がりは、
きっとこれからの活動の糧になることでしょう。

今回の学縁祭に参加していただいた皆様、これまで応援していただいた皆様、
本当にありがとうございました!



「小規模多機能自治セミナー」を開催しました!

小さな拠点、地域運営組織を考えるための小規模多機能自治セミナー
『わがまちに必要な持続可能な地域活動のヒントを学ぶ』

ご参加のみなさま、誠にありがとうございました!

地域づくりチャレンジ塾の塾生たち、NPOなど地域に目を向けた新たな地域プレイヤーさんたちと
すでに昭和、平成と地域のあれこれに取り組んでいる先輩方、中間支援組織、コミュニティ、行政・・・

連休の中日にのべ140名のご参加をいただき、心がふるえました!
そして、参加者のみなさまの「姿勢」が違っていて、会場は数以上の熱量に!

これから必要なのは行事やイベントから暮らしのことにシフトした地域づくり。
そこに暮らしがある、必要があると人は力を発揮して、その場所からエネルギーが波及して、地域が変わる。

それを「しくみ」にしていくノウハウをエキスパート"川北 秀人"先生が惜しげもなく講演くださいました!
先生のブログでセミナーの様子を紹介いただきましたので、ぜひご覧ください!

https://blog.canpan.info/dede/archive/1422?fbclid=IwAR1W6PAI4E2FuiVvtC4td1emtvTLYT_FpDgTTQrM58J0X5oRe8N1ZLDLVqU