第1回講座 ありがとうございました!

『地域づくりチャレンジ塾2020』

高松市の重要文化財・玉藻公園披雲閣を舞台に、
オンライン聴講とのハイブリッド型にて、
6名の新規塾生を迎え「地チャレ」7期がスタートしました!

会場&オンラインともに、ご参加いただきありがとうございました!

第1回講座のテーマは「自分を知ろう」でした。
まずは自分自身を振り返りながら、自己紹介とマイプランを考えてきてもらいました。
2グループに分かれて、5分の発表。この5分が本当に難しい!
たくさん語るとオーバーするし、時間を気にするとあまり話せなくなりますよね。

塾生は、今回の課題シートを通して過去を振り返ることで、
改めて自分自身を見つめ直すきっかけにできたようです。
それぞれ緊張した面持ちでしたが、「地チャレ」に参加するという
はじめの一歩を踏み出した皆さんの気持ちは、ちゃんと会場に伝わったと思います。

何かしたい、もしくは自分でやってみたいことはあるけれど、
それをどうしていいのか分からずモヤモヤしますよね。
残り4回の講座で「あなた」だからできることを見つけて、
やりたいことを的確に伝えれるように一緒に頑張っていきましょう!
OB・OGは勿論、たくさんの「地チャレ」サポーターズが、
あなたのマイプランを全力サポートします!

そして、ケーススタディーとして、
初回は2名のゲストスピーカーにお話いただきました。

1人目のゲストスピーカーは、昨年度まで実行委員長を務め、
今年度も相談役として「地チャレ」を支え続けている、
いすみ鉄道株式会社 代表取締役社長 古竹孝一さん。
いすみ鉄道の再興に挑んでいる、古竹さん自身のこれまでの歩みと、
新天地での1年10か月の奮闘をお話しいただきました。

「何もないことが武器になる。できることばかりあふれている。」
目の前の課題をポジティブに捉えることは、なかなかできないですよね。

古竹さんは「根本にあるものは?」という問いに、「クレイジー」と答えてくれました。
ピンチをチャンスに変えて、突拍子のないことを考えて楽しみながら実行できる。
古竹さんの挑む姿勢に、塾生たちも勇気をもらい、これから半年に渡る講座の良いスタートとなりました!

2人目のゲストスピーカーは、実行委員副委員長を務めております
一般社団法人高松市コミュニティ連合会 村上和宏さん。
地域と言えば、自分たちのまちの地域コミュニティについて知っておくことも大切ですよね。
地域コミュニティについて全く知らない方や、
今まで自分のまちのコミニュニティと関わったことがない人がほとんどなのではないでしょうか。
地チャレをきっかけに、ぜひ塾生たちにも地域のコミュニティと関わってほしいですね。

今回、尾野塾長はオンラインでの参加でした。
初めの挨拶の時に「自分のやりたいことを、上手くなくてもいいから、
的確に伝え、共感してもらい、助けてもらうことから始めよう」とおっしゃっていました。
地チャレの特徴として、様々な地域の人との出会いがありますが、
その繋がりを活かして、助けてと言える関係を作り上げていけるといいですね。
的確に伝えるということは、これから回を重ねて学んでいきましょう。

第2回講座は、10月3日開催です!
地チャに興味のある方、地チャレが大好きなOBOGの皆さん、
各講座は一般聴講ができますので、ご参加のほどお待ちしております!

オンライン聴講も承っております。
この度は回線が安定しない中、最後まで参加いただいた
オンライン聴講の皆さま、本当にありがとうございました。
次回開催に向けて、改善を重ねて参りますので、
引き続きご参加のほどお待ちしております。

▼第2回講座のご案内
マイプランをイメージする
「課題テーマを設定しよう」
・日時:10月3日(土)14:00〜17:00
・会場:川岡コミュニティセンター
・ゲストスピーカー:
*地域づくりチャレンジ塾 第3期塾生 上原千鶴さん
*川岡校区コミュニティ協議会
・聴講料/ 500円

▼次回講座の聴講のお申込みはこちら。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScS-RapZHwU6EazOr5DIxqyt3aKiIfEDB_LWWzlZoDjlXECYQ/viewform