第3回講座 ありがとうございました!

『地域づくりチャレンジ塾2020』

今回もたくさんの聴講やオンライン参加、OB・OGのご参加ありがとうございました。

第3回講座は、マイプランを描く「プラン・アクションを描こう」in 川東コミニティセンター。

1人目のゲストスピーカーは、香川大学経済学部教授 西成典久さん。
西成先生は、学生と県内で様々な地域活動をされています。
この度は、五郷地区での取り組みと屋島山上ちょうちんカフェについてお話しいただきました。
コミュニティが主体となって、楽しみながらアイディアを出し合うことで、地域を巻き込む活動となり、結果として学生の有無を問わない盛んな活動となり得るとのことでした。
1つの課題だけに取り組むのではなく、様々な課題を混ぜて取り組む必要性についてのお話は大変勉強になりました。
運営する側も、参加する側も、地域の皆さんも楽しい!と思える活動のお話は、聞いているだけでもワクワクしました♪

2人目のゲストスピーカーは、川東校区コミュニティ協議会副会長 大野繁美さん。
川東校区コミニティ協議会は市内44ヶ所ある協議会の中で、唯一NPO法人化している団体です。
この度は、川東の地域拠点運営と地域活動に関わる業務改善についてお話しいただきました。
不要な業務をデジタル化することで、事務業務を減らし、職員が働きやすい環境を実現されたとのことでした。
コミュニティセンターの玄関には、電光掲示板の予定表やサーモカメラ体温計が置いてあり、超高齢化している地域なのに最先端のデジタル化でビックリしました。
課題解決していく為には「なぜ」「誰が」「何を」を必ず押さえて考えることが大切というお話は、塾生がマイプランを考えていく上でも役に立つことでしょう。

講座の後半は、第7期塾生の発表です。
第2回に引き続き、持ち時間は5分間。
前回は殆どの塾生が時間オーバーだったことを振り返り、全員時間内で発表することができました。
それは素晴らしいことですが、時間を気にするが故に、伝えたいことが伝わっていない様子でした。
表面的過ぎると思いは伝わってこないものです。
自分の言葉で、自分の思いを言語化していければ、きっと素晴らしいプラン発表となることでしょう。

講座も残り2回となり、これからが塾生にとって試練となりますが、一人で抱え込むのではなく、仲間やOB・OG、様々な人に相談したり、リサーチすることで見えてくることもあると思います。
6人の塾生たちのマイプランが、果たしてどの様に仕上がっていくのか、本当に楽しみです!

第4回講座は、12月5日開催です。
地チャレに興味のある方、地チャレが大好きなOBOGの皆さん、
各講座は一般聴講ができますので、ご参加のほどお待ちしております!
オンライン聴講も承っております!

▼第4回講座のご案内
マイプランを鍛える
「プラン・アクションを起こそう」
・日時:12月5日(土)14:00〜17:00
・会場:健康ステーション大会議室(瓦町FLAG8階)
・ゲストスピーカー:
塾長/有限会社エコカレッジ代表取締役 尾野寛明さん
・聴講料/ 500円

▼聴講のお申込みはこちら。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScS-RapZHwU6EazOr5DIxqyt3aKiIfEDB_LWWzlZoDjlXECYQ/viewform